八雁短歌会

やかり

市野ヒロ子歌集『天気図』より

HOME会員の歌集歌書 > 市野ヒロ子歌集『天気図』より

人なき町

 

    二〇一一年三月一一日、一四時四六分、東北地方太平洋沖地震発生。

   郷里福島は、大地震、大津波に加へ、原子力発電所の重大事故に見舞はれる。

避難指示・屋内退避の町の名にありありとして級友の顔

「放射能」に追ひ立てられて流離さすらへるふるさと人の苦しみ映る

むなしくも助けを呼びて絶え入りしいのち幾そばく人なき町に

地震ないに果てしむくろの捨て置かれ放射線日日ふりそそぎたり

月の夜を起ち上がるべし「放射能」浴びしたましひ幽鬼となりて

住民は飢ゑて死ねとや原子力発電所ゲンパツに近きふるさと物流途絶ゆ

 一号機につづき三号機爆発弟の携帯メールの文乱る差し迫りくるものに怯えて

 弟夫婦、叔父を伴ひ奥会津へ自主避難「放射能」広がる下を逃れゆき如何にありしか九十歳きうじふを連れ

避難先より届きしメール春されどなほ雪深き画像を添ふる

避難せぬ兄の電話の言葉はも覚悟を決めしごときひびきに

避難せぬ老いたる声音こわね静かにて鬱を病む子のあればと結ぶ

住む人の失せゆく町にのこりつつ姉の電話の声のうはずる

被災地の窮乏を観て入り来たる店舗のうちは物あふれけり

梅のはな仰ぐまなこに浮かびくづれし町に降りくだる雪

人去りし村にからくも生きのびし家畜ことごとく殺すべしとぞ

ふた月を乳搾りては捨ててきてつひに牛飼ひの道を断たるる

痩せはてし牛は四肢をば踏んばれり処分場へと運ばれむとき

見世棚にかつがつ並ぶ福島産アスパラガスをあがなひにけり

校庭に咲きををるらむ桜かも忌はしき風流るる空に

        *

トウキャウの電気をつくりきたりけりその結末の惨たらしさよ

原子力発電所ゲンパツは地元のつよき要望と安全なりとあざむきにつつ

振興の名にたはやすく乗りにけむとりのこされし出稼ぎの村

(Ⅱ部冒頭作品)

Copyright © 2018 Yakari Tanka Kai. All rights reserved.