八雁短歌会

やかり

安藤直彦歌集『佐夜の鄙歌』自選二十首

HOME会員の歌集歌書 > 安藤直彦歌集『佐夜の鄙歌』自選二十首

自選二十首
樫の実のひとり人をしおもふ身のあまつひかりの樹間をあゆむ
檜林の()にあらはれてたち仰ぐむらさきこゆき山藤の花
夏さればきよら流れの滑石(なめいし)にわれは鮎釣るその床石に
ひさかたの光に音のあるごとく石をうちつぐ雪解のしづく
ほがらかに過ぎゆきにけり丸刈りの()の子に()の子が傘さしかけて
傘の柄に枝をたわめて採る桑の黒きつぶ実は指をよごしぬ
満月の瀬のかがよひに打つ網に鮎はとるなりとほき一人に
庭のべの小草は花に萌えいでて猫ゆうるりとほの噛む五月
柄のくろく巻いて小さな傘ひとつ昨夜(きぞ)よりここの傘立てにある
竜胆は平瓮(ひらか)に添へてあるものをさし延べてほそく鮎ほぐす指
椿(かめ)(むし)は交尾のままに死んでをりかたみに外へ引きあふやうに
わが猫を葬りし庭の土盛りを教へて春の雪は積むなり
玄関の隅にひらたき女靴置かれてひとつ 喪の星明かり
まろびきて白々そよぎあるものを兔の耳とまがふ初夏
瀧つぼに龍の穴ある謎さへやとけてうすれて消えてゆく村
街の蝉浴びて還れるわが背なに染みて夕べをかなかなの鳴く
湧く水にいまだも眠る潜在のいのち汲み出だす歌をこそ欲れ
やぶ椿の一花しだるるそのかみの農村歌舞伎の礎石の上に
発電の神と(いつ)かむ(あま)()大神(らす) ソーラーパネルの居並ぶ丘に
人の死をかなしびきたるわが(なづき)をひとゆすりせり(あした)地震(なゐ)

Copyright © 2018 Yakari Tanka Kai. All rights reserved.