八雁短歌会

やかり

阿木津英歌集『黄鳥』自選二十首

HOME会員の歌集歌書 > 阿木津英歌集『黄鳥』自選二十首

自選二十首
市街地の路のおもては室内に差し入るやうなふゆの昼の日
(はらわた)(しこる)るがごとき冬のそら高層建築群のうへにて
天頂に青をのこして暮れそめぬベンチに凭れ仰ぎてあれば
暑によどむちまたの路に洗濯機ひくく唸りて渦しぶく音
商品の書物かがやく店内に顔なまなまと鏡柱に寄る
痰唾を足に()けつつ昼たゆく雲のごとくに街なかをゆく
目をあげてふとくらがりにつやつやし柿のお尻を叩いて過ぎぬ
曇天にまなこ疼けりいづくにかたましひ苦しむものあるごとく
地下壁の広告見れば螢光に透く青き波。―青は慰め
水仙を一すぢの香の縒り出でてもの読むかうべ()めつつながる
夕あかく(ほら)なすそらを建築群せりあがりゆき横雲(こご)
街の塵芥(ごみ)吹き寄せられてゐたりけり枯草叢がなかの根もとに
夜の灯にかぎりもあらずむらさきの花大根の四ひらを聴けば
仰ぎつつ歩みをとどむ夕ぞらはいまだも青きひかりながらふ
タデ科またキク科の秋のくさのはな瓶に挿したり曇れる午後に
吹き消すと炎ふくとき蠟燭の炎にちからありて波だつ
雪の吹くひと日はすぎて外壁に螢光灯もさだまりにけり
窓近くせまる青葉の闇揺らぎ流謫(るたく)の日々のごとくにしづか
自らをいちまいに()べ尽くしたりあぢさゐの葉のひかりの湿り
夕刻のそらをわたりて来る響きあゆみを道にとどめてぞ聴く

Copyright © 2018 Yakari Tanka Kai. All rights reserved.