八雁短歌会

やかり

佐竹游歌集『草笛』自選十首

HOME会員の歌集歌書 > 佐竹游歌集『草笛』自選十首

自選十首
さまざまなわれを束ねてわれはあるわれのひとりが草笛を吹く
(ゆふ)(づつ)のとほく輝く土手のうへわが身をほどく風に吹かるる
してるのにしてないふりをしてゐてはしてゐることをしかと語れず
(くさ)といふ文字を余白にあまた書き草原となす風の吹く日は
卓上のあかりおとして窓へ向くゆたけき春の闇を見むため
音たてぬ楽器のごとくねむりゐる君を毛布にくるむ朝明け
のぼる日に朝の大気はゆるみたり正方形に薔薇はひらきぬ
蒲の茎立ちたるところ日の差して水の面のはつかにくぼむ
かたはらに友呼ぶごとく一脚の椅子を据ゑたり月明かき夜は
いつの日か還りゆくべき空にして()り傷のごと雲のかかれる

Copyright © 2018 Yakari Tanka Kai. All rights reserved.